カテゴリーアーカイブ: コンピュータとインターネット

覚書(4/17)

Windowsの操作体系一覧をまとめないといけないかな…MSに行けばあるはずだけど…

 

そしてFOMA SIMをmicroからnanoへ変更してみて。

えーと。VAIO Phone Aに音声SIMとデータSIMの二枚差しをしようと思って。BIGLOBEとdocomo,どっちかをmicroからnanoに変更しないとだめなのです。が,手数料が

  • docomoはドコモショップで行う必要あり。手数料2,160円(税込)
  • BIGFLOBEはインターネットで変更届。事務手数料3,000円+SIM発行料394円+消費税271円=3,665円

BIGLOBE,最後のSIM発行料ってなんじゃそら。docomoのほうを変更。店頭なので即日。

一応言い訳としてarrowsM02に挿して「音声だけ」使うという方向で。無保証だとか(保証を要求するほうがおかしい),パケット代が大量にかかるとか(APN登録しないし),まあ当然言われましたがそんなもの100も承知ですので。カケホーダイライト(ケータイ)(Xi契約)で行くのが本筋ですが,それこそスマホに挿したら,即カケホーダイライト(スマホ,タブ)の追加分500円が請求されるじゃないですか。それすら削りたいんだこっちは!ってのは主張せず。いろいろ考えあぐねたうえで,FOMA タイプSSバリューが基本維持費が一番安くなるのですから!

(補足)見た目ではタイプシンプル バリューですが,通話料(毎月1,000円くらい通話)とSMSの兼ね合いからタイプSSが自分にとって一番安く上がります。たぶんパケホーダイ・ダブルをつけてますが,1パケットも消費しないならこれすら切っても問題がない(はず)。

DSC_0655

fig.1 新旧SIMとimode端末

ま,ここまでは。

DSC_0660

fig.2 起動直後

DSC_0661

fog.3 iモードブラウザ起動

DSC_0663

fig.4 micro,nanoSIM

DSC_0673

fig.5 起動後,SIM情報

DSC_0674

fig.6 BIGLOBE SIM

DSC_0675

fig.7 FOMA

動作していました。やれやれ。

 

 

広告

そして再びデュアルディスプレイ環境に。

ちょこちょことせいりというか配置換えなんかで。久しぶりにデュアルディスプレイにしてみました。最近は4Kモニタがリーズナブルな訳ですが置き場所が厳しい(4Kなら40型以上欲しい)し、GPU突っ込むかCPUを今どきなものにしないと映せません。そろそろ4K編集環境を整えておきたいですが、まだまだ。カメラまで換えないといけないし…長期的に入れ替えます。

LGの20.1型モニタが壊れてから久しくシングルモニタ環境で暮らしていましたが、配置替えでMITSUBISHIの24型FHDモニタをやっと空けたので取り付けました。

正面のFUJITSUは24型WUXGA(1920*1200)で、ラックいっぱいの横幅。以前は17型CRTモニタだったから置き場所の奥行きが果てしなく必要だったので配置自体は楽でした。

はてさて、もうちょっと細かい微調整をしないとなー。

outlook2016覚書

https://support.office.com/ja-jp/article/%e5%bc%95%e3%81%8d%e7%b6%9a%e3%81%8d%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%ab%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab-Outlook-2016-%e3%81%be%e3%81%9f%e3%81%af-Outlook-2013-%e3%82%92-Outlook-com-%e3%81%ab%e5%86%8d%e6%8e%a5%e7%b6%9a%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%8f%e3%81%a0%e3%81%95%e3%81%84-cda1751d-9503-40bf-bf76-e79454ac5eb3?ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP

outlookk2016で再接続の要求があった場合の対処方法。もうちょっと素直な方法がないものかな。

 

そしてドメイン運用を終了して。

で。長らく保持していたchikuwadou.jpドメイン運用を終了しました。

でも後半何年かはメール転送しか使ってなかったから実害はほぼないはず。メアド変更ができない(停止すら)のはほっときですが。

ついでにFlet′sADSLも解約。これも永らく契約のみでした。CATVでの接続サービスにしてから三年半…無駄遣いでした。

そして旧PC用モニタを再び使ってみて。

img_20161212_212800.jpg

先日から旧型の8ビット機熱が再燃中ですが,まだ持っていたPC-TV454を,X1turboZ3につないでみました。を,まだ生きてた!1991年6月に購入なので,すでに25年と6か月経過していますが何とか映っています。ただ,時々動機がずれてしまってますから,コントロール基盤が(多くの場合,コンデンサの容量抜け)があるかも。年代を考えると危なっかしいですが。いつまで使ってたかなぁ。2003年ごろまでは使っていました。たしか。そう考えるとすでに10年以上寝かせてたのか!

今まではX1turboとセットで購入した(購入時期はヤフオクで2002年10月。すでに発売時期からだとうちに来てからのほうが長いですね)CZ-830Dですが,これはX1専用でして。TVコントロールケーブルをつながないと映らない模様。X1twinという非turbo用のディスプレイTVなのに24,8kHz対応ですが,肝心のブラウン管のドットピッチがあまりよくないので映りがいまいちよくないのです。

で。肝心のPC-TV454ですが,当時としてはかなりの平面に近い画面でインターフェイスは

  • 3信号同期(15kHz ,24kHz,31kHz)
  • PC用入力 デジタル8P,アナログ(8P,15p,21p)
  • ビデオ入出力 S端子,ビデオ入力x2,音声入力x2,ビデオ出力,音声出力

と,旧PC用のモニタとしては非常に多入力,多機能です。弱点といえば音声がモノラルだけってところですが…PC用ディスプレイTVでステレオ対応は寡聞にしてみたことがありません。あるのかなぁ。

 

そして旧PCでごそごそと。

とりあえず。覚書。

新・無駄遣いの日々 PARTS(11/16)

2016年11月16日

  • DS-53N SAFRONIC 内蔵5.25″FDD
    オークションにて落札。PC-9801UX21時代のFDからパソコン通信のLOGが出てきて憤死しそうです。

結局,5.25″2Dのディスクは実機経由で読んだほうが楽ちんかも。

 

で,New-ZBASICとかを見つけ出して。

続きですが。X1turboZIII用のシステムディスクをようやく発掘。CZ-8FB03,Z'sSTAFFその他

一枚目以外はスキャナのピントがずれちゃってますが,何とか読めるよね。カビも生えた形跡がないので何とか起動しました。さてどういじっていくかな…

 

そしてエミュレーションを使ってみようとして。

ちょっと遊びなので。

先日から8ビット機懐古に駆られてエミュレータとか実機とかをごそごそと。

一応,

  • PC-8801MA
  • PC_88VA
  • X1turbo

を見つけてきていじってます。つかPC-8801用のCP/M,発掘しないとな…先日,X1turbo用のCP/Mは買いました(オークション)が,88用のはなかなか出品されないもので…